So-net無料ブログ作成

夏場所でも組長が観戦 大相撲(産経新聞)

 両国国技館(東京都墨田区)で開催されていた大相撲夏場所(5月9〜23日)中、指定暴力団住吉会系組長が、日本相撲協会に一定額を寄付した団体・個人向けの「維持員席」で観戦していたことが、警視庁組織犯罪対策3課への取材で分かった。維持員が知人に渡した入場券が、複数の関係者を通じて組長側に渡っていたとみられ、同課で詳しい経緯を調べている。

 同課によると、組長の観戦が確認されたのは夏場所14日目の5月22日。警戒中の捜査員が向こう正面2列目の維持員席に座っている組長を発見した。捜査員から連絡を受けた同協会職員が声をかけると、組長はその場から立ち去ったという。

                   ◇

 この問題で、日本相撲協会が当該の席の持ち主である維持員1人の資格を剥奪(はくだつ)していたことが7日、明らかになった。

 暴力団など反社会的勢力の排除を進める相撲協会の担当者が夏場所後、この維持員から事情を聴いたところ、席の入場券の出どころが自身だったことを認めたため資格を取り消した。

社民に懲りた?…外相「参院で単独過半数得たい」(読売新聞)
男性が刺され重傷 スーパーで買い物中トラブル? 大阪・西成(産経新聞)
街頭演説も動画で紹介 高齢化の進む選挙区で変化(産経新聞)
<大野市長選>岡田氏が再選 福井(毎日新聞)
「もぐり狩り」で高校生2人に重軽傷負わす 内装工の少年逮捕(産経新聞)

参院選、48議席程度=2人区の複数擁立「反省材料」―民主選対委長(時事通信)

 民主党の石井一選対委員長は27日、都内で講演し、参院選の議席目標に関し「現状では選挙区で30議席、比例18議席の48議席くらい。連立与党(で過半数)を維持するぎりぎりの段階にあるのではないか」との見方を示した。
 改選2の選挙区について、石井氏は「当初は独占を狙っていたが、現時点では1人取るのが精いっぱいだ」と指摘。「2人区以上の選挙区は、みんなの党の動きがかなりいい。今となれば、2人(候補を)立てたことは多少問題があったかなと反省材料になっている」と述べた。 

<訃報>アンドレイ・ボズネセンスキーさん77歳=露の詩人(毎日新聞)
頭越しに地元反発、「強行なら成田闘争以上に」(読売新聞)
首相「社民党から新閣僚も当然視野にある」(産経新聞)
男性放置死、2人に懲役23年=強盗致死の裁判員裁判−東京地裁
夫婦別姓 今国会提出求め議員ら集会 (毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。